nav_shochu 焼酎買取り

焼酎の話

赤提灯の小路を、隣の親爺と飲み歩き。

米にするかそばが好みか芋はどうかと聞かれたが、千鳥足の口からは、黒糖がいいと言ったようだ。
奄美の特産品『奄美黒糖焼酎』は口当たりがいい。元をたどれば、奄美の焼酎の起源は沖縄の泡盛だ。

泡盛は米から作るようだが、コシヒカリではない。使うのはタイ米で知られるインディカ米である。陳侃の『使琉球録』に「南蛮(南番)酒」のことが記されており、この南蛮酒は暹羅(タイ)から琉球へもたらされた」と記されている。

タイ・シャムの蒸留酒は更に中東に起源を持つようだ。これらの蒸留酒は、いわゆる単式蒸留器の方式で作られるもので、本格焼酎のルーツである。
単式蒸留器で作られる焼酎は、蒸留成分として微量の香気なども含むので、複雑な香気を持った酒となり、本格焼酎の名前がつく。

それにしても、日本にはうまい焼酎がたくさんある。泡盛から始めて、米焼酎に麦焼酎、そば焼酎とやったら酔いがまわる。無理して飲んでも芋焼酎が精いっぱい。芋焼酎といえば、北海道にはジャガイモ焼酎があるようだ。栗焼酎もぜひ飲みたいものだ。

さしあたってご利用の予定のないお手持ちの焼酎は、買蔵が買取させていただきます。
お手持ちのお酒を買蔵に売って、飲みたいお酒を手に入れる。これが、お酒をたしなむ人の生活の知恵といえるかもしれません。

?焼酎の豆知識

焼酎・古酒の買取銘柄一覧

こちらのリストにないお酒も買取りしています。ご不明な場合、ぜひお電話ください