クロード・デュガ | ブルゴーニュのテロワールが生み出す宝石ワインです。

概要

特級ワイン『グリオット・シャンベルタン』と言えば、ジュブレ・シャンベルタン村の歴史ある名門生産者、クロード・デュガの名前が挙がります。
わずか0.25haの畑から毎年1~2樽しか出来ないグリオットは、あの『ロマネ・コンティ』よりも入手が難しいとされ、“世界中のワイン愛好家の垂涎の的”です。
シャペルに至っては0.14haの畑から1樽しか出来ないので、市場で見つけるのは極めて困難です。
ブルゴーニュのグラン・クリュで本当に素晴らしい最高の畑は狭く、収穫量は非常に限られているのです。
クロード・デュガのセラーはセリエ・デ・ディームと呼ばれ、教会の年貢の格納場所で13世紀の建築です。
以前はほとんど全量、ネゴシアンに桶売りしていました。ドメーヌ元詰めは1982年頃から少しづつ始め、1993年からは全量元詰めとなっています。
所有する畑は6ha余りで、そのうち1.5haはブルゴーニュ・ルージュが占めるので、村名以上はわずか4.5haでブドウの樹齢も平均40年以上です。
クローンのせいか毎年ブドウの実はすこぶる小さい上、徹底的な選果をするため生産量はきわめて少なくなります。
畑第一主義で減農薬栽培を実践し、化学肥料の代わりに岩草や海草を畑に与え、農耕馬を復活させるなど自然派的栽培を心掛けています。
ブドウの品質を上げるとともに、収量を極限まで抑え、テロワールに掛ける思いはただならぬものがあります。
ワインは伝統的な醸造方法で造られ、その味わいは非常に力強く、年を重ねると潜在能力を発揮する「長期熟成型」と言われています。
人間の技術が造り出すワインではなく、自然の生命力が生み出す香り高くコクのあるワインです。
「ブドウの出来がすべて」と語るように、クロード・デュガのワインは自然の慈しみの中で生まれる宝石のワインです。
ワンランク上のアペラシオンと間違えんばかりの充実感のある秀逸なワインを造ってしまうのがクロード・デュガです。

商品詳細情報

原産国
フランス
地方
ブルゴーニュ
地区
コート・ド・ニュイ
格付け
特級
タイプ
赤ワイン
ブドウ品種
ピノ・ノワール 100%
豆知識

クロード・デュガのワイン造りの信条
  収量が少ないこと、
  収穫されるブドウが完璧に熟していること、
  古木であること、
  セラーが清潔であること、
  自然と協調して手をかけすぎないこと

実際に、クロード・デュガは 1989年より正式に減農薬農業を始め、土壌やぶどうの自己治癒力が年々高まりました。
化学肥料の代わりに岩草や海草を畑に与えて、土地の活力を高めています。肥料を与えていないので、ぶどうの実は小ぶりで、凝縮した果実となります。
酵母もすべてぶどう内にある天然のもので、ワインに清澄処理やろ過処理をほどこすこともないので、卓越したテロワールが造り出す秀逸のワインとなります。

ワインの豆知識