DRCエシェゾー D.R.C. エシェゾー | グラン・エシェゾーの弟とも称され、DRCで最も早熟で、早いうちから楽しめるワインです。

概要

DRC エシェゾーは、ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティがエシェゾーのブドウ畑から生産する特級ワインです。
特級畑エシェゾーはロマネ・コンティのあるヴォーヌ・ロマネ村の北側に位置するフラジェ=エシェゾー村にあります。
Echezeaux の地質はジュラ紀(1億7500年前)のもので標高は250mです。表土はバジョシアン泥灰土と小石のある変化に富んだもので、上部では表土が70~80cmと深くなっています。
エシェゾーのブドウ畑は全体で37.69haあり、11の小区画に分かれています。このうち、DRCは4.67haを所有しています。DRC エシェゾーを特徴づけるものは、人的要因のテロワールということになります。
DRCの畑に植えられているきれいな紫を帯びた黒色のピノ・ノワール種のブドウは、コンティ公爵時代のブドウの木の直系の子孫のみです。果房は小さな果粒が密集しており、糖分の高い無色の果汁を豊富に含んでいます。
DRCは自然農法を採用し、肥料は剪定の際に切り取られた枝と醗酵後の絞り粕で作った堆肥のみです。
ブドウのよさを保つため、過熟したブドウ果を破砕・除梗せずに全房発酵します。このため、専用の木桶で出来るけ緩やかに長く醗酵します。醗酵槽での醗酵過程において、果皮に含まれる色素がワインを赤色に染め、エシェゾー独特の赤ワインを造りだします。その後、トロンセ産のオーク新樽100%で18~24ヶ月の熟成を行います。澱引き作業は1回のみで、清澄・濾過処理は行いません。
濃厚な果実味、タップリした大地の香り、しっかりと引き締まった味わいで、酸味とタンニンのバランス感が保たれている優しさと気品を感じさせるワインです。長期熟成がほとんどのDRCの中では、最も早熟タイプで、早いうちから楽しめるワインで、グラン・エシェゾーの弟と称されます。

商品詳細情報

原産国
フランス
地方
ブルゴーニュ
地区
コート・ド・ニュイ/ヴォーヌ・ロマネ
格付け
特級
タイプ
赤ワイン
ブドウ品種
ピノ・ノワール 100%
豆知識

ブルゴーニュワインの公式サイトにある、エシェゾーの特徴には、
色はルビー色で、色調は赤紫、紫紅色にダークなニュアンスがある。
と書かれているが、この辺の特徴は理解できそうである。
香りは熟成させるとじゃ香、なめし革、毛皮、茸の香りを伴う。
この辺になると、じゃ香の香りを知らないと理解不能である。
ワインは、奥が深く難しいと感じる世界である。

ワインの豆知識