icon-tache D.R.C. ラ・ターシュ | 時に“ロマネ・コンティの弟”とも呼ばれる、お買い得感のあるワインです。

概要

時にはロマネコンティを上回ると評されるラ・ターシャは、優れたテロワールから生まれるといえます。
ラ・ターシュのブドウ畑は、ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ(DRC)社がヴォーヌ・ロマネ村に所有する6個のグラン・クリュ(特級格付け)のひとつです。ロマネ・コンティとサンヴィヴァンの南側に位置する、最も南にあるブドウ畑です。昔、サン・ヴィヴァンのブドウ畑はサン・ヴィヴァン修道院に属していたようですが、ラ・ターシュのブドウ畑はシトー修道院に属していたようです。
元のラ・ターシュの畑は約1.43ha程でしたが、1932年に北側上に隣接するレ・ゴディショ・ド・ラ・ターシュの約4.62haの畑を併合し、6.06haのピノ・ノワール種のブドウ畑となりました。土壌は、石灰岩の地質で、標高は250m~300mなので、高低差は50m近くあり、水はけのよい急斜面です。上部の表土は60センチで砂や礫が多く、下部の表土は1メートルです。
畑の形が上下に縦長で、比較的広く、谷間の風の影響を受けない、比較的温かいミクロクリマなので、毎年品質的に安定感があり、凶作の年でも美味しいです。上部では重厚なブドウ、下部では繊細なブドウが獲れ、それらがブレンドされることにより複雑で濃厚な味わいを生みだしています。
端正な造りの中にも、凛々しい佇まいが感じられ、ひめたる胆力はラインナップの中
でもトップといえます。
時に“ロマネ・コンティの腕白な弟”と呼ばれるほどの独特の力強さを持ち、色濃くかなり凝縮された味わいは、複雑さと強烈なアロマを感じさせてくれます。
ロマネ・コンティに比較すると、お買い得感のあるワインです。

商品詳細情報

原産国
フランス
地方
ブルゴーニュ
地区
ヴォーヌ・ロマネ
格付け
特級
タイプ
赤ワイン
ブドウ品種
ピノ・ノワール 100%
豆知識

ラ・ターシュのブドウ畑は、その昔シトー修道院に属していたようです。シトー修道院はトラピストと称され、北海道には、トラピスト修道院があります。

ワインの豆知識