ドメーヌ・ルロワ | ワイン造りに妥協を許さないルロワ夫人が作り出す、ブルゴーニュの銘酒です。

概要

世界一の赤ワイン生産者DRCは、ルロワ夫人が活躍する場としては狭すぎたようです。“ブルゴーニュの完全主義者”の異名をもつルロア夫人は、妥協を許さぬ姿勢から、DRCの共同経営者の立場を追われることになりました。彼女は自由の羽を得て、ワイン造りの女神として大きく羽ばたきました。
高島屋の資本参加を受けてルロワ夫人は、1988年に旧シャルル・ノエラの地所を買収して、ドメーヌ・ロマネを設立しました。その後ジュヴレのドメーヌ・レミも買収し、優れた畑を増やしてきました。
徹底した収穫量の制限とビオディナミの実践により、高水準のワインを造りだし、短期間にDRCと肩を並べる程になりました。
巨人DRCに挑み、DRCに負けない世界最高峰のワインを造った伝説は、マダム・ルロワの「ワインへの究極の愛情」と「類稀なテイスティング能力」から生まれたものです。
マダム・ルロワは化学肥料や農薬散布によるワインの味の変化を危惧し、1988年に「ビオディナミ法」でブドウ栽培を行うことを決意しました。
ブドウ畑の管理から醸造までを手がけ、ビオディナミ栽培や収量制限により、徹底して品質を追及する姿は、ルロア夫人の意思の強さの現れといえます。
このような厳格な品質管理を行っても、完成したワインが自身の基準に達しないと判断するとランクを下げてしまいます。「これはルロワのワインではない」と言って、2,004年には特級と1級のワインは出荷されませんでした。
ルロワのワインは優雅で奥深く、華やか で絢爛としています。燦然たる芳香は、花束のように香り高い。熟したベリーを煮詰めたような濃縮感がありながら、舌触りは軽やかできめ細かい。
世界から注目される彼女のワインの秘密は①品質の完璧主義者②天才的な試飲能力③ワインと自然への深い愛情から生まれ、他の誰にも真似のできないものになっています。

商品詳細情報

原産国
フランス
地方
ブルゴーニュ
地区
ヴォーヌ・ロマネ
格付け
特級
タイプ
赤ワイン
ブドウ品種
ピノ・ノワール 100%
豆知識

ブルゴーニュは、ワインの化身のような人物を産み出すようです。ワイン造りの神様と称されるアンリ・ジャイエばかりでなく、天才と呼ばれるラルー・ビズ・ルロワ夫人もその一人です。
ワイナリーが遊び場で、テイスティングをおままごとにしていたようです。物心ついたころには、大人を驚かす試飲能力があったルロワ夫人は、「類稀なテイスティング能力を持つ女性」と呼ばれる、ブルゴーニュの最高峰と讃えられる生産者です。

ワインの豆知識